仮性包茎は平常時に問題はあるの?

仮性包茎だと勃起時に痛みを感じるなどの問題が発生しますが、平常時に問題がなければ治療する必要はないのでしょうか。ここでは日本人男性によく見られる仮性包茎の特徴やデメリット、治療を検討したいケースなどについて紹介しています。最終的に治療するかどうか決めるのは自分自身です。

同じ仮性包茎であっても気にする人もいれば、まったく気にしない人もいるのです。人により治療の必要性の有無は変わってくるため、自分自身がどう考えているのか、将来のことを考えると治療するべきなのか、などをよく考えて今後の対策を決めていきましょう。

基本的に仮性包茎は放置しても問題なし

約7割の日本人男性の陰茎は仮性包茎であり、日常生活に支障がなければ問題はありません。ひとことに仮性包茎と言っても症状に幅があり、ごく軽度のタイプもあればカントン・真性包茎寄りの症状もあります。いずれにしても本人が不都合を感じていないなら放置しても大丈夫です。平常時の陰茎を人に見られる機会もほとんどないでしょう。

治療をしたほうがいいのは、生活に何らかの不都合が生じていたり、仮性包茎自体にコンプレックスを感じたりしている方です。陰毛が包皮に挟まって痛くなることがある、恥垢が溜まりやすくて臭いが強くなる、シャワーで洗うときにスムーズに剥けない、などの状態にあるなら治療をしたほうがよいかもしれません。ストレスを感じる状態を放置しておくのは、精神的によくないからです。

一般的に仮性包茎は軽度の包茎であり、平常時に問題が発生しない症状と認識されています。ただカントン・真性包茎だと診断されなくても、中度レベルの包茎だと生活に支障が出てくることがあります。子どもの仮性包茎は成長につれて改善することが多々ありますが、身体の成長が止まった大人の場合は何らかの対策をしなければ改善しません。治療をするレベルの症状かどうか見極めていく必要があるでしょう。

洗浄をするときに問題があるかどうか

仮性包茎の最大のデメリットは、亀頭が包皮に包まれていて臭いが強くなることです。恥垢は通気性の悪い蒸した場所を好むので、正常な陰茎と比べて包茎は雑菌繁殖が増えて不衛生になりやすいです。ただ毎日の入浴で包皮を剥いて、シャワーで洗浄していれば清潔に保つことができます。非勃起時であれば難なく剥けるので、シャワーを当てながら指で擦れば簡単に汚れを落とせます。

洗浄することで亀頭包皮炎を予防できますし、恥垢特有の臭いも消えるのです。洗浄するのは毎日が好ましく、数日に1回の頻度になると臭いが強くなってくるので注意してください。恥垢の臭いは口臭やワキガより強いと言われているのです。

注意したいのは勃起時の洗浄であり、剥いてから勃起が始まると包皮が亀頭に圧迫感を与えることがあるのです。また勃起した状態で包皮を剥こうと思っても、痛くてできないことがあります。生理現象の一つである勃起は、性的興奮を覚えなくても起こるケースがあるのです。

浴室で包皮を剥こうとしたけど、勃起していて剥けなかったという経験がある男性はいるでしょう。剥けないときは石鹸をつければ剥けるようになる場合が多いですが、包茎が中度レベルを超えていると難しいかもしれません。

仮性包茎の手術をしたいケースとは

入院生活を機会に包茎治療を決意する男性がいます。平常時に皮を被っている包皮を看護師に見られて、退院後に包茎手術を受ける人は少なくありません。また将来の介護生活に備えて手術を受ける人もいるのです。これについては考え方の問題であり、本人が気にしないなら問題ないことです。日本人男性で平常時に亀頭が露出している人は3割ほどしかいません。いわば包茎の状態が当たり前であり、看護師や介護士は気にしてはいないのです。

仮性包茎に悩んでいる男性は、仮性包茎が特別な状態だと思っているケースが多いです。銭湯に行ったときに周りの男性を見ると、みんな剥けていたという経験があるかもしれません。そうした人と比較して自分に劣等感を覚える男性は多いですが、多くの人は温泉に入る前に剥いているのです。カントン包茎や真性包茎で剥くのが大変な人は、タオルで隠して入浴するケースが目立ちます。

仮性包茎により日常生活で大きな問題が発生することは少ないわけです。あとは自分自身が包茎の状態に納得できるかどうかです。根深いコンプレックスを感じているならば、治療をしたほうがよいのは間違いありません。手術のタイミングで多いのは、恋人ができたときです。やはり平常時に亀頭が露出している陰茎にしたいと考えている男性は多いのでしょう。

まとめ

仮性包茎自体は病気ではなく、日々の暮らしに影響しなければ治療は必要ないです。そもそも仮性包茎によって困るケースは少なく、もし多大なデメリットを感じているならば、仮性包茎のレベルを超えています。カントン包茎や真性包茎ならば、早めに治療をするのが得策です。

包茎で一番困るのはシャワーでうまく洗えないときですが、普通に包皮を剥けて洗えるのであれば、治療するレベルではありません。ただ平常時には問題は感じなくても、勃起時に不都合が生じて治療を決める人はいます。また恋人ができたので包茎を直したいなど、コンプレックスに関わる理由で手術をするケースもあります。

PRサイト
症例豊富の専門クリニック【メンズサポートクリニック】
仮性包茎を治したい方はこちらを確認ください